きんY0!ホーム

15年の実績のWeb筋トレ講座!メニューボタン 新着 RSS

シングルレッグレイズシングル・レッグレイズ(片脚脚上げ腹筋) - 腰に優しい腸腰筋・大腰筋の筋トレ

通常の両脚レッグレイズ(脚上げ腹筋)よりも腰への負荷を軽くして効果的に大腰筋・腸腰筋を筋トレできるシングルレッグレイズのやり方、効果、注意点などアニメとイラストで解説!!

初公開2018年12月27日 :

1:脚上げ腹筋の問題点とは

大腰筋骨格イラスト大腿四頭筋骨格イラスト

股関節の屈曲伸展前ページのニーレイズのページで腸腰筋・大腰筋の働きや筋トレを解説しました。また、レッグレイズアニメ動画左のようなレッグレイズは体幹が不安定で腰や腹筋に負荷がかかるという問題点も解説しました。

しかしこのレッグレイズのように膝を伸ばして脚を持ち上げるような動作も腸腰筋の働きの1つでもあるのでやはり気にはなります。

ニーレイズだけじゃ物足りないし、では腰にも腹筋にもストレスにならずレッグレイズができないか・・・・あります!

骨盤の傾きと大腰筋悪い姿勢

ではさっそく実践してみよう!

2:実践!シングルレッグレイズ(片脚脚上げ腹筋)

シングルレッグレイズ

両脚でやるレッグレイズがダメなら上のように片脚を曲げて片脚だけでレッグレイズすればよいのです。簡単です。このシングルレッグレイズのポイントを解説!

  • 片膝を立てる。
  • 骨盤の傾きと大腰筋おしりのやや上あたりに両手を挟む。骨盤が前傾しないような位置に手の位置を調節する。
  • 膝は完全に伸ばすのではなく軽く曲げてよい。
  • 勢いよく脚を持ち上げるのではなくゆっくり挙げる。
  • 骨盤が動かない程度まで挙げる。

片脚を立てることで、無理なく体幹を安定させることができ、腰が過度に反る事もなく負担をかけずに大腰筋・腸腰筋に効かせる事ができます。

ハムストリングスの柔軟性があまりない場合は特に骨盤が動きやすいので無理に90度まで挙げる必要はありません。骨盤が動かない程度の角度までで十分です。

また膝を伸ばしたレッグレイズは、膝を曲げたニーレイズよりも大腿四頭筋(大腿直筋)も働きます。

→大腿直筋の筋トレ

▼こちらも!

まとめ

大沼きんどうだったかな?大腰筋、腸腰筋の筋トレはなかなか成果が見えにくい筋肉ですが陸上はもちろん走る競技にはトレーニング必須の筋肉だ!高齢者など、ももが上がらずつまずきやすいような場合は、紹介したニーレイズやレッグレイズは無理でも床に横になって足踏み運動や自転車こぎ運動などをすればある程度トレーニングにはなると思います。自転車に乗るのも大腰筋を刺激できます。

さて、下半身には股関節や太ももだけではありませんよね。それでは次はふくらはぎのトレーニングを学ぼう!

<<ニーレイズへもどる | ふくらはぎの筋肉へGo!>>

タグ : 股関節 腸腰筋・大腰筋 ハムストリングス 大腿四頭筋 コア・体幹 自重筋トレ