大腿四頭筋ストレッチアニメ大腰筋・腸腰筋のスタティックストレッチ

大腰筋・腸腰筋のスタティックストレッチメニュー(静的ストレッチ)をイラスト解説。レベル1からレベル3、さらにコンパウントストレッチについて解説!!

初公開2018年3月09日 :

1:大腰筋・腸腰筋とは

大腰筋骨格イラスト

股関節と大腿をつなぐ3つの筋肉腸骨筋・小腰筋・大腰筋をまとめて腸腰筋と呼びます。

  • 腸腰筋・・・骨盤と大腿をつなぐ単関節筋
  • 大腰筋・小腰筋・・・腰椎と大腿をつなぐ二関節筋

小腰筋は大腰筋の補助として働きます。これらの筋肉は体幹を固定した時に太もも、脚を持ち上げる働き、逆に腹筋トレーニングのように脚を固定している時に体幹を持ち上げる働きをします。

→単関節筋・複関節筋とは

トゥータッチスキップ(ハムストリングス)シットアップレベル2

さらに大腰筋は、上左のように立った状態で体幹を安定させながら脚をコントロールする時やスクワットのような脚を屈伸させる時などでも大きく働きます。つまり走る時はもちろん歩行、立ったり座ったりなど体幹がかかわる日常的な多くの動作に働くので疲労してタイトになりやすい筋肉です。大腰筋の柔軟性や筋力が弱くなると骨盤が安定しなくなり、腰への負担が上がってしまいます。

なので運動の後、夜家に帰って入浴後など、大腰筋・腸腰筋のスタティックストレッチをしっかりやっとこう。

▼こちらも!

それではストレッチの実践といこう!

2:実践!大腰筋・腸腰筋のスタティックストレッチ

レベル1

ランジで大腰筋ストレッチ

まずはランジでゆっくり、できるだけ深く下ろしてこう。ストレッチターゲットは後ろ脚側の大腰筋です。

→股関節のダイナミックストレッチ

レベル2

深いランジで大腰筋ストレッチ

ランジからさらに深く下ろし、ストレッチする大腰筋側の膝を地面につけます。

レベル3

強度大大腰筋ストレッチ

レベル2よりもさらに深く下げます。上体を真っ直ぐ立てるほど大腰筋がより強くトレッチされますが、無理に真っ直ぐに立てる必要はありません。強度大大腰筋ストレッチ正面のNG大腰筋に無理なストレスがかからない程度にとどめよう。無理をすると右のように正面から見た時に、体幹を前脚側に横に傾けて代償動作をとってしまいます。

→大腰筋の柔軟性と体幹トレーニング

ついでにちょっとレベルアップな静的ストレッチメニューをやってみよう。

3:肩関節け肩甲骨周辺と大腰筋のコンパウントストレッチ

体幹回旋肩甲骨大腰筋ストレッチ

ランジの体勢で、ストレッチターゲットの大腰筋側の腕を上げ逆の手で後の太ももを触るくらい、体幹を逆方向に回旋させてみよう。腕を高く上げることで、大腰筋と同じく骨盤や腰椎から上腕までつながっている背中の広背筋も同時にストレッチされ、肩関節・肩甲骨周辺のストレッチも同時に行えます。このような2カ所以上を同時にストレッチする方法をコンパウントストレッチと言います。

上腕三頭筋のストレッチ3運動場面で1箇所だけがストレッチされるという場面よりもむしろ同時に複数の筋肉がストレッチされる事が多いので、このようなストレッチ方法も工夫してとりいれるとよい。大腰筋と上腕三頭筋の組み合わせもできる。

★ストレッチ関連おすすめ本!

ストレッチバイブル<レベルアップ編>ストレッチバイブルレベルアップ編表紙

ウオーミングアップとしてのダイナミックストレッチからスタティックストレッチ(静的ストレッチ)まで、基本動作を豊富なカラー写真でわかりやすく解説。初心者・高齢者から競技選手向けの専門的な技術まで誰でも使えるストレッチ解説書の決定版です。スレッチの最新理論もわかりやすく解説されていています。

取り扱い書店Amazon | 紀伊國屋書店 | YAHOO!ショップ | セブンネットショッピング | 楽天市場


結び

大沼きん最後に下半身と上半身のストレッチメニューを同時におこなう方法を紹介したが、もちろん1つのターゲット筋肉をピンポイントで丁寧にストレッチをかけることがまず基本です。

ストレッチも筋トレ同様目的の筋肉をしっかり意識しよう。

タグ : ストレッチ・ウオーミングアップ 股関節 腸腰筋・大腰筋 広背筋 肩・肩甲骨・僧帽筋