きんY0!ホーム

15年の実績のWeb筋トレ講座!メニューボタン 新着 RSS

重心移動の基本クイックネス・スピードの基本 - 体重移動の技術

クイックネストレーニングの基本編。素速いスタート(クイックネス)、素速い動き出しのための体重移動、足の使い方などの理論と実践トレーニングをアニメ解説!!

公開2012年12月20日 :

1:目にも留まらぬ素速い動き出し・スタート・加速・方向転換

・・・・・競技を問わず誰もがあこがれの能力、それがクイックネスとスピードだ!それがさらに素速いアジリティー(敏捷性)も生み出す(→アジリティートレーニングメニュー)。でもそんな才能ないし・・・・と、あきらめるのははやい!素質で決められがちなこの能力もちょっとした理論とコツをのみこめば誰でもこの能力を向上する事は可能なのだ!!ではさっそくクイックネスと体重移動の基本技術から学んでいこう。

2:動きのロスを改善するだけでクイック・スピードが向上する!

重心移動失敗例アニメ動画

上の二つの動きは"素速い動きだし"の、実は失敗例です。左は動き出す瞬間後ろ足に重心を移動させてしまいその分前へ出るタイミングが遅れている。右は足を後方へ移動させてしまっている。どちらも後ろ足の地面の蹴り出しに頼っている結果のロスです。この

動きのロスが動きだしのスピードを落としてしまっているので"低いクイックネス"となってしまっている

のです。これを次のように改善してみましょう。

スムーズな重心移動アニメ動画

 

わかりますか?上体を倒して前方へ重心を落とし込みながら前足に体重を乗せ、後ろ足には重心を乗せず前方へ移動させスタートしてます。この方法だと

無駄な動作が一切なくスムーズですばやい、そして力に頼らない体重移動ができる

重心の前方への落とし込みアニメ動画のです!重心の前方への落とし込みの感覚を理解するために、右のように立った状態から自然に前に倒れてみよう。そしてさらに重要なのは

きんポイント!
足からではなく頭か上半身から動き出せ!

です!

後ろ足で蹴り出す方法がまったくダメと言うわけではない。そもそもなぜ後ろに体重かけたり足をさげたりするかというと、蹴り出しを強くするための反動=伸張反射を引き出すためである。競技特性や場面によって二つの考え方を使い分けるのもよい。

3:パワーポジションからのクイックネス

パワーボジションからの重心移動アニメ動画

同じ動作をパワーポジション(→パワーポジションとは)からやってみよう。このパワーポジションから、足を動かさないでうまく体重移動してみよう。通常のパワーポジションより低く、より前傾姿勢でかまわない。かかとは少し浮かす(母指球に重心をかける)。合図はパートナーなどに立ってもらい左手を上げたら左足から、右手を上げたら右足から飛び出す、など工夫して、神経伝達速度の向上もめざそう。"神経系トレーニング"であることを常に意識することがクイックネストレーニングのポイントだ!

→神経伝達速度と反射神経とは

落下ボールに反応アニメ動画←ボールが落ちたら飛び出せ!ワンバウンド以内でボールをキャッチしよう!

49mmスーパーボール→49mmスーパーボール

★各種スーパーボール★

Amazon | YAHOO!ショップ | 楽天市場

まとめ

大沼きん「力に頼らない体重移動」とは言え、やはり今までトレーニングしてきた「伸張反射」「爆発力」の効果というか実際の動作との結びつき、つまり筋肉の収縮速度の速さが動きの速さに直結していることを常に意識しよう。合い言葉は「速く!」「速く!!」そして「速く!!!」

ではさらにクイックネスを高めるための応用メニューをやってみよう!

<<立ち幅跳びにもどる | 応用メニューへGo!>>

タグ : パワー・スピード・敏捷性