きんY0!ホーム

15年の実績のWeb筋トレ講座!メニューボタン 新着 RSS

ショルダープレスマシンアニメショルダープレスマシン講座 - 肩三角筋最強マシンの使い方

ショルダープレスマシン講座。肩の三角筋を効果的に鍛える使い方・ポイント、マシンの特徴等アニメやイラストで解説!!

初公開2018年7月6日 :

1:三角筋専用ショルダープレスマシンとは

肩の三角筋をきたえるマシンとして、だいたいどこのトレーニングクラブにも置いてあるのがショルダープレスマシン。フォームの習得も割と簡単で初心者でも使いやすいのがこのマシンの特徴だ。三角筋を効果的に集中トレーニングするにはバーベルやダンベルよりもてっとりばやい。

ただしもちろんこのマシンの特性、特徴もあり、それを理解しているかどうかでトレーニング効果も変わる。ではさっそく解説していこう。

2:ショルダープレスマシンの基本の使い方とフォーム

シーテッドショルダープレスマシン

多くのトレーニングジムやスポーツクラブにあるのがこのようなシーテッドショルダープレスマシンである。ご覧の通りただ座って手を上下するだけの単純なフォームである。

広背筋の動きアニメ動画注意点は、しっかり肩甲骨の内転を維持し胸をはった状態を維持することだが、座ってハンドルを握ればほとんどの人は自然に肩甲骨を内転させた状態になってくれる。

骨盤が後傾して腰が丸まった状態にならないようお腹を引っ込めるように意識

していれば、そうそうフォームが崩れる事はない。シートに深く座り、肩甲骨が背もたれから離れないように注意しよう。その他基本はバーベルやダンベルの場合とまったく同じでよい。

→フリーウエイトショルダープレスをもっとくわしく

しかしマシントレーニングの問題は、マシンそのそものの構造の方であるのはこのショルダープレスマシンも同様である。

3:ショルダープレスマシンの特徴

ダンベル軌道とバーベル軌道の違いとは

ショルダープレスダンベルショルダープレスアニメ動画

マシン選びポイントになるのは「軌道」であることはこのショルダープレスマシンもやはり同様である。負荷の移動軌道がいかにフリーウエイトトレーニングに近い設計になっているか。

ショルダープレスの場合、バーベル、ダンベルでの違いは

  • ダンベルの方が肩の稼動域が広くなる
  • バーベルの方が高負荷が挙がる

つまりショルダープレスマシンに求める理想のポイントは

ダンベル時のような稼動域の広い軌道で高負荷が挙げられる

ということになる。ショルダープレスマシンには、上のアニメのようにバーベルと同様のまっすぐ挙げる軌道のタイプとダンベルのような稼動域が広くなる軌道のマシンがあるが、後者を選べると理想である。

しかしショルダープレスマシンにはもう1つ軌道に関する問題がある。

ショルダープレスの円軌道

マシンの構造でよくある問題が「円軌道」の問題である。

例えばベンチプレストレーニングをマシン化したチェストプレスマシンでは、グリップレバーの軌道が描く円弧の中心軸が上部にあるBタイプの方がフリーウエイトのベンチプレスに近くなる。

チェストプレスマシンAタイプチェストプレスマシンBタイプベンチプレスのバーベルの軌道

そしてショルダープレスマシンにもやはり円弧の中心軸の位置の違いによる2タイプがある。

2タイプのショルダープレスマシンマシン

バーベルショルダープレス横から普及しているのはほとんどがBの方で、フリーウエイト、特にバーベルのショルダープレスに近いのもBである。

だが特定の競技動作、例えば競泳のバタフライの上肢・肩関節・肩甲骨の軌道はAに近いのではないだろうか。もちろん筋肉トレーニングは特定の筋肉を強化するための作業であってを実際の競技動作を再現するために行うのではない。あくまで三角筋の強化という目的のマシンであるということを理解しよう。

▼こちらも!

★ホームジムを検討されている方はこちら★

▲▼各種バーベル・ダンベル▼▲

スーパースポーツカンパニーオリンピック バーベル セット 254kg オールラバータイプバーベル セット 140kg ラバータイプ右は周囲をラバーでコーティングして安全性と静音性を高めた安価タイプのバーベルセット。左は全面ラバーコーティングの本格派。

フィットネスショップ | Amazon | YAHOO!ショップ | 楽天市場

▼こちらも!

タグ : 肩・肩甲骨・僧帽筋