きんY0!ホーム

15年の実績と信頼のWeb筋トレ!メニューボタン 新着 RSS

腕立て伏せpushup腕立て伏せをベンチプレスに変える方法?!ベンチプレスと腕立て伏せの違いとは

初公開2004年3月2日 :

1:大胸筋の強化にはベンチプレスが最強!ですが・・・・

でもやっぱり自宅じゃ無理だしジムとか行くのもなんだし・・・・・でもなんとかしたい!じゃあ、腕立て伏せをベンチプレスに近づける方法はないか?!ということでこんな方法でやってみました。腕立て伏せとベンチプレスの違いもメカニズムを理解すればただの腕立て伏せが"スーパー腕立て伏せ"に変わるかも?!

2:腕立て伏せとベンチプレスの違いとは?

腕立て伏せとベンチプレスには大きく三つの違いがあります。

円軌道

ベンチプレスのバーベルの軌道

ベンチプレスの特徴は、先に解説したとおり頭上の仮想の中心点を軸にした自然な円軌道で肩関節を稼働することができること。これによってベンチプレスの横から見た地面と前腕の角度右のようにダンベルから肘までを地面と垂直に維持することで大胸筋への負荷を安定させることができます。

逆に腕立て伏せは下のように中心点が逆の円軌道となり大胸筋への負荷が安定しない。

腕立て伏せの肘の軌道

重力による体幹の安定性

腕立て伏せがうつ伏せであるのに対し、ベンチプレスは仰向け。うつ伏せになると重力で首が下がりどうしても背中が丸まりがちで、体幹が安定しない。

稼動筋肉

腕立て伏せでは手が床に固定されてしまうが、ベンチプレスはフリー。どんな筋トレでも固定点が増えるほど負荷が他の筋肉へ分散されるが、ベンチプレスは手がフリーである事により肩を中心とした円軌道で大胸筋に負荷を集中させることが出来ます。そしてこれが「体幹で四肢と負荷をコントロールする」という意味での体幹トレーニングにもなります。 さらに

  • 腕立て伏せで2、3回しかできない人でも軽いダンベルやバーベルを使えば10回以上しっかりできる!
  • 逆に腕立て伏せで何十回もできる人は重いダンベルやバーベルを使ってより強い負荷をかけられる!

腕立て伏せでは負荷が強すぎる、逆に負荷が軽すぎる、どちらの場合でも負荷調整して大胸筋に適切な負荷をかけることができるのがダンベルやバーベルなどのウエイトを使ったベンチプレスです。

ではこれらのメカニズムを理解した上で、いよいよ腕立て伏せをベンチプレス変える?スーパー腕立て伏せをやってみよう。

まだまだ続くよ!

3:ベンチプレスに大変身?!バランスディスク腕立て伏せ

バランスディスク腕立て伏せ

前項の腕立て伏せとベンチプレスの3つの違いのうち1の「円軌道の向き」2の「重力の向き」3の「稼動筋肉」については腕立て伏せである限り変える事はできません。しかし3の「手をフリー」は、右のように、バランスディスクに手をのせると、ベンチプレスほどではないですが、腕立て伏せでもかなりフリーな状態に近くできます。

バランスディスクでなくても固めのクッションなどでも代用できますが、手の接地面があんまり柔らかかったりふわふわしているとプッシュした時に沈んでしまい負荷を的確にかけることができません。パランスディスクの代わりに小型のバランスボールを使ってもいいと思います。

もうちょっと続くよ!

まとめ

大沼きんどうだったかな?いつかはバーベルベンチプレスにぜひチャレンジしてみよう!

では次は、ちまたでうわさの筋トレ都市伝説「手幅のせまい腕立て伏せで大胸筋内側(中央部)をきたえる」についてその真相を解明します。

<<体幹ベンチプレスへもどる | 大胸筋内側へGo!>>

タグ : 腕立て伏せ ベンチプレス 大胸筋 肩・肩甲骨・僧帽筋 上腕三頭筋 コア・体幹 自重筋トレ