きんY0!ホーム

15年の実績のWeb筋トレ講座!メニューボタン 新着 RSS

大沼きんラットプルダウンビハインドネック - 僧帽筋を鍛えるハイプーリーマシン使用方法

誤った使い方を多く見かけるラットプルダウンビハインドネックによる僧帽筋のトレーニングで肩と肩甲骨周辺の柔軟性を高める方法をアニメーションで解説!!いわゆる猫背についての解説も。

初公開2008年2月頃 :

1:ラットプルダウンビハインドネック、一歩間違えれば肩ドカン

多くのジムやスポーツクラブでみかけるハイプーリーマシン(ラットマシン)。昔からよく行われているこのマシンの使い方を多くの人が誤ったやり方をしている。

だがこのラットプルダウンビハインドネックを正しく行えば肩・肩甲骨周辺の柔軟性を向上し僧帽筋をトレーニングすることができる。肩が固い人必見。

2:二つのラットプルダウン、あなたはどちら?

ラットプルダウンラットプルダウンビハインドネックダメ例

上二つはどちらもラットマシン(ハイプーリーマシン)のトレーニングである。ラットプルダウンと呼ばれている種目である。ジム、スポーツクラブに通っている人は一度は体験したことがある、もしくは現在も行っているのではないたろうか。現在も行っている人は上のどちらのやり方でトレーニングしているだろうか。

そしてどちらにしても、どこの筋肉をトレーニングしているか理解して行っているだろうか。左の方を行っているならトレーニングレベルはきっとすばらしいことだろう(→広背筋を鍛えるラットプルダウン)。だがもし右の方をやってるかも、と言う人は特にこのページをじっくり読んでいただきたい。

3:初心者のラットプルダウンビハインドネック

肩関節の柔軟性の目安アニメ動画上右のラットプルダウンはバーを首の後ろへ下ろすので「ラットプルダウン・ビハインド・ネック」と呼ばれる。しかも正しいやり方ではなく失敗ラットプルダウンビハインドネックである。残念なことに、初心者、いや初心者でなくてもこの失敗フォームになっている人は現在でも多くお見かけする。

見てのとおり、力を入れて引くと同時に首が前方へ出て背中も丸まって体幹が圧倒的に不安定である。このように体幹が不安定な状態で引いてしまうのは肩関節の柔軟性に問題があるのである。

こんなやり方ではそもそもどこの筋肉をトレーニングしているかもわからず、ましてこのように高負荷を無理矢理腕の力でウエイトを引っ張るようなトレーニングを続けると、肩や体幹部分のどこかを痛める可能性がある。

▼こちらも!

では正しいラットプルダウンビハインドネックのやり方、そしてどこの筋肉に効果的なのか解説しよう。

4:これがラットプルダウンビハインドネックだ!

ラットプルダウンビハインドネックダメ例ラットプルダウンビハインドネック

上右のアニメは"正しい"ラットプルダウンビハインドネックである。左の失敗例とのちがいがわかるだろうか。ラットプルダウンビハインドネック横そこで次の右のアニメも見てほしい。これはこの正しい方のラットプルダウンビハインドネックを横から見た動きである。肩関節がスムーズに動いているため背中が前方に丸まらず体幹が安定して腕を引きおろしている。

逆に肩関節の柔軟性に自信のない人でも軽い負荷からこの動作でゆっくり正確に行えば、肩関節の柔軟性を向上が期待できる。

したがって、このラットプルダウンビハインドネックという種目は、筋力トレーニングというよりは肩関節と肩甲骨周辺筋の柔軟性の向上のトレーニングとして行うのがベストである。

  1. 1:横から見て肘が円弧軌道をとおるような意識で引く! (上右のアニメ)
  2. 2:呼吸は引きながら吸い、下ろしながら吐く!
  3. 3:引ききった所で大きく息を吸い込み胸をはる!
  4. 4:腕は完全に伸ばしきらずに肩甲骨の動きを重視する!

胸をはるということは、肩甲骨を内転させるということである。肩甲骨の動きを意識することで僧帽筋や菱形筋のトレーニングになる。腕で引くのではなく肩甲骨で引くように意識する。20RMから30RMくらいの軽い負荷でで15回から20回ほどゆっくり正確にやってみよう(→RMと負荷設定)。

肩甲骨の挙上下制前面アニメ動画肩甲骨の上方回旋下方回旋前面アニメ動画肩甲骨の内転外転前面アニメ動画

▼こちらも!

最後におまけ話をひとつ。

Q:猫背を直す筋トレ方法はありますか?

初公開:2010年2月26日

A「猫背」にもいろいろなタイプがあると思いますが、特に上体・上背が曲がっている猫背を考えてみましょう。このタイプの猫背の場合、だいたいは肩甲骨が外転(肩甲骨の動き)していわゆる「肩がすぼんでいる」状態になっているのではないでしょうか。この場合は肩甲骨を逆に内転させる筋肉(僧帽筋、菱形筋)を鍛えるトレーニングをやってみよう。ラットプルダウン・ビハインドネック(ラットプルダウンビハインドネック)と言う種目がポピュラーですが、マシンなどなくて自宅でやる場合は、棒の真ん中にゴムチューブを結んで天井か柱など丈夫な所にチューブをしっかり固定してラットプルダウンと同じように引っ張ってみよう。あるいはロープーリー(ロープーリー)という種目の動きでも同じようなトレーニングができます。どちらも肩甲骨を内転させてしっかり胸を張るように意識しよう。左右の肩甲骨の真ん中から肩周辺に筋肉痛が出ればよいです。

軽めで20回を2セット、1日おきぐらいでやってみよう。

また姿勢の悪さというのは、股関節のアライメント(バランス)の崩れによる場合も考えられるので、股関節を意識した正確なスクワットでトレーニングする事によって姿勢全体を改善する事もできます。だから一番のおすすめは、ベンチプレス、スクワット他本格的にウエイトトレーニングに取り組んで体幹を徹底して鍛えれば自然と直っていくと考えています。ボディービルダーで姿勢の悪い人はまずいません。

TUFFSTUFF(タフスタッフ) ラットマシンウェイトスタック式 CLM-855WSラットマシンTRUSTラットプルTRUST←ロープーリー機能もついた各種ケーブル式ハイプーリーマシン。ラットプルダウンだけではなくトライセプスプレスダウンで上腕三頭筋も徹底強化できる。

Amazon | YAHOO!ショップ | 楽天市場 | フィットネスショップ

★ホームジムを検討されている方はこちら★

タグ : 肩・肩甲骨・僧帽筋