きんY0!ホーム

15年の実績のWeb筋トレ講座!メニューボタン 新着 RSS

脳アニメ運動のエネルギー代謝のしくみ - 脂肪・糖質・クレアチンリン酸

なぜ筋肉は力を発揮するのか。なぜ人間は持久的な運動を続けられるのか。運動・活動をするために必要なエネルギーのしくみの基礎の基礎を解説!

初公開2008年4月頃 :

1:エネルギーとは?

糖質、脂質は運動や筋肉を動かすエネルギーと言われています。しかし厳密にはエネルギーとはATP(アデノシン3リン酸)という物質で、糖質や脂肪はそのATPを作るための原料なのです。ではそれらがどのように働き筋肉が動くかを学びましょう。

2:代謝って?

そこでまず「代謝」という言葉を覚えてください。代謝とは、ようするにある物質が化学反応して別の形に変わると言う意味です。"吸収したものが体内で様々な代謝経路を経て老廃物となって排出・排泄される"これを繰り返して人間の体は成長・維持されます。ここでは「代謝」=「燃える」と考えればよいでしょう。これを「運動のエネルギー代謝」と呼ぶ事にします。

3:三つの代謝系

そしてその運動するためのエネルギー代謝には次の三段階あります。

  • 脂質
  • 糖質
  • クレアチンリン酸

これでわかる!?エネルギー代謝早わかりマップ

代謝ガイドブック代謝ガイドブック

エネルギー代謝に特化した一冊。イラストもまじえ細かく分かりやすい解説で、代謝の基本概念から筋肉だけではなく肝臓や脳など各種臓器の代謝の仕組み、代謝にかかわる栄養素の解説などまさにエネルギー代謝事典!

<Amazon | 紀伊國屋 | セブンネットショッピング | YAHOO!ショップ | 楽天市場

まとめ

大沼きんではその三段階のエネルギー代謝から、まずは脂質のエネルギー代謝からくわしく見てみよう。

<<挙上速度へもどる | 脂質へGo!>>

タグ : 理論食事 糖質・炭水化物