筋曜日の肉たちへホーム

Web筋トレ講座15年!メニューボタン 新着 RSS

腸アニメ糖質・糖類の違いとは - 単糖類・二糖類・多糖類など糖分解説

糖類、糖質、糖分のちがいについて。単糖類、二糖類、多糖類など糖質の種類について解説!!

初公開2014年10月5日 :

1:糖類とは

A一番よく聞くのは糖質だと思いますが、まず糖質の種類を把握しておきましょう。

単糖類

【糖質の最小単位】

  • ブドウ糖(グルコース)
  • 果糖(フルクトース)
  • ガラクトース

二糖類

【単糖類が二つ結びついたもの】

  • ブドウ糖 + 果糖 = ショ糖(スクロース、砂糖の原料)
  • ブドウ糖 + ガラクトース = 乳糖(ラクトース)
  • ブドウ糖 + ブドウ糖 = 麦芽糖(マルトース)

多糖類

単糖類や二糖類が無数につながったもの。

デンプン、デキストリン、など。

デンプン → デキストリン → マルトース → グルコース

次は「糖質」について。

2:糖質とは

糖質・糖類分類図

これらのうち二糖類までを糖類、多糖類まで含めると糖質、となります。つまり「糖質」と言う時は糖類すべてを含んでいます

※清涼飲料水などによく含まれている事が多い「スクラロース」は、ショ糖をもとに数百倍の甘さに改良した人工甘味料であり単糖類ではない。

最後は「糖分」について。

3:「糖分」と糖類、糖質の違いとは

「糖分」は、糖質を含む甘い物全般的に呼ぶ俗語です。「炭水化物」は、糖質+食物繊維ですが、吸収されてエネルギーとなるのは糖質なので、エネルギー代謝を考える場面で炭水化物と言う時は「糖質=炭水化物」でもかまいません。

目で見る食品糖質量辞典全1400点の食品、食材、調理メニューなどに、糖質量と、カロリー、タンパク質量、脂質量、塩分量を表示。すべてオールカラー写真で見やすく便利な一冊。

紀伊國屋書店 | Amazon | YAHOO!ショップ | 楽天市場 | セブンネットショッピング

まとめ

大沼きんではさらに糖質について一歩踏み込んでみよう。様々な糖質の種類と性質、そして糖質の「使い分け」方法について学んでみよう。

<<糖質基本解説へもどる | GI値へGo!>>

タグ : 理論 食事 糖質・炭水化物