きんY0!ホーム

2004年誕生の筋トレサイト!メニューボタン 新着 RSS

計画アニメフォーストレップス法 - もっともっと筋肉を強化するセット法のやり方

初公開2004年4月23日 :

1:これが究極のフォーストレップス法だ!

もっとおそろしいフォーストレップス法とは?!

前ページのドロップセット法のページで恐ろしい目にあったみなさん。さらに恐ろしい目に会っていただきたいと思います。前々ページのピラミッド法にも出てきたフォーストレップス法、ありましたよね。今回はそのフォーストレップス法をさらに拡大してやってみよう。

ピラミッドセット法のページで使ったフォーストレップス法は、ピラミッドの下りのセットでより筋肉を追い込んで筋肥大を目指すためのフォーストレップスでした。今回行うフォーストレップス法は、とにかく

高重量を挙げ抜く!

ためのフォーストレップスです。では実例を見てみよう。

実践例

効果

負荷強度

最大反復回数

筋力アップ

筋力アップ

100%

1RM

90%

<5RM

筋肥大

80%

<10RM

筋持久力

70%

<15RM

60%

<20RM

※「1RM」とは全力で上げて1回上げるのが限界という意味。5RMなら全力で5回が限界の重さでそれがだいたい最大筋力(1RM)の90%ほどだと言う事です。逆にできた回数から逆算して最大筋力を割り出す事ができる。(例えば50kgで10回できれば50/0.8=62.5kg)
※効果は必ずしも絶対ではない。90%でも筋肥大は可能だし、初級レベルでは60%でももちろん筋力アップはする。

  • 1セット目-----50から60%程度でウオームアップ
  • 2セット目-----70% × 5から8回
  • 3セット目-----80% × 3から4回
  • 4セット目-----90% × 1から2回
  • 5セット目-----90%〜100% × 限界回数(+アシスト × 限界回数)
  • 6セット目-----90%〜100% × 限界回数(+アシスト × 限界回数)
  • 7セット目-----90%〜100% × 限界回数(+アシスト × 限界回数)
  • 8セット目-----90%〜100% × 限界回数(+アシスト × 限界回数)

ウオーミングアップセットを除いてインターバル3分以上
(→インターバルのメカニズム)

90%以上の高重量で限界まで行い、さらに補助者のアシストを得てレップ(回数)をこなして徹底的にオールアウト(限界まで追い込むこと)させるというハードなセットをピークセット以降全セットでやります。不荷重量はピークセットでどれだけ挙がるかで調節しますが、インターバルを長めに空けてできるかぎり90%、5RM以上の高重量に挑戦しよう。

フォーストレップス法の効果

高重量で限界まで行うため、最大筋力を飛躍的にアップすることができます。また、ベンチプレススクワットデッドリフトのいわゆるフリーウエイトビッグ3のような動員される筋肉が多い複関節種目(→複関節種目(多関節種目),単関節種目とは?)でこのフォーストレップス法をとりいれれば、多くの筋繊維に集中的に刺激をあたえることができ、挙動速度が遅く1セットにかける時間も意外と長くなるので筋肥大、バルクアップにも効果があります(→1セットにかける時間について)。

ただし疲労度が大きいため、1週間は休息を入れよう。スクワットはフルではなくハーフかパーシャルレンジ(稼働域を浅くする→スクワットの基本)ぐらいにしておく方が無難。

▼こちらも!

次はフォーストレップス法を実施する上での注意点について。必見。

2:フォーストレップス法の注意点

バーベルベンチプレスバーベルスクワットで高重量を挙げるのはやはり恐怖感があると思います。特にベンチプレスでは、挙げきれずつぶれてしまうと、セイフティーベンチがあったとしてもやはり危険です。高重量でフォーストレップス法を実践する時は、事故を防ぐために以下の点を必ず確認しよう。

  • セイフティーの高さなどの調節
  • バーベルシャフトフックの高さの調節
  • どのタイミングでアシストに入ってもらうか、立ち位置、声かけなど補助者との事前の打ち合わせ

TUFFSTUFF(タフスタッフ) オリンピックベンチSS付 COB-400セイフティー付きプレスベンチ

Amazon | YAHOO!ショップ | 楽天市場 | フィットネスショップ

▼こちらも!

まとめ

大沼きん補助者との打ち合わせは慎重十分に行おう。フォーストレップス法は、ドロップセットと違って、自分で限界と思った所で補助者に「あと一発ーっ」などとハッパかけられることで「心理的な限界を超える」効果があります。

ここまではどちらかというと筋力アップに重点を置いたセット法でしたが、では筋肥大に重点をおいた変わったセット法はないか?もちろんあります。次はそれやってみよう!

<<マルチパウンデッジ法へもどる | スーパーセット法・ジャイアントセット法へGo!>>

タグ : 理論筋肥大 筋力