筋曜日の肉たちへホーム

オンライン筋トレ17年メニューボタン 新着

四股突き突きの威力がパワーアップ?!プライオメトリクストレーニングとは

突きのパワーがアップする?

前ページで拳立て伏せでは拳や手首をきたえたり突きの威力・パワーを強化できないかも・・・という話になりましたが、逆にじゃあ、他にトレーニング方法はあるのか?あると思います!突きも手首も強化できる方法が?!

1:プライオメトリクス(プライオメトリック)トレーニング

藤田君の話の前にまずこちらをご覧ください。

デプスジャンプ

なんでしょうかこれ?これはデプスジャンプと言うプライオメトリクストレーニングのメニューの一例なんですが、ようはジャンプ力を向上するためのトレーニングです。が、結果的に「ジャンプ力を向上」するということであって、厳密には少し違います。筋肉には急激にのばされると反射的に筋肉が収縮し、筋の収縮によって強く引き延ばされた腱がパワーを発揮するという性能をもっています。この筋肉、腱の神経反応を伸張反射と言いますが(最近ではSSC=Stretch-Shortening-Cycleとも呼ばれる)、この反射による筋肉の収縮速度の向上がプライオメトリクストレーニングの効果です。着地した瞬間引き延ばされた大腿四頭筋(太もも前部)、ハムストリングス(太もも裏側)、下腿三頭筋(ふくらはぎ)、大殿筋(おしり)などの下半身の筋肉が伸張反射を起こし収縮を開始します。その収縮速度が速いほどアキレス腱などの各腱が強く引き延ばされパワーが充填されます。膝や足首の曲げ角が小さくなり足の接地時間も短縮されより高く跳べます。始めは低い高さから飛び降り、じょじょに高くしてレベルアップしていきます。

プライオメトリクストレーニングについてくわしく

タグ : パワー・スピード・敏捷性(神経系)

JKFan
▲定期購読で17%オフ!