きんY0!ホーム

2004年誕生の筋トレサイト!メニューボタン 新着 RSS

腕立て伏せpushup腕立て伏せの種類とNG集-昭和式腕立て伏せなど

初公開2012年6月04日 :

1:やってませんか?こんな種類の腕立て伏せ・・・

ありがち、やっちゃいがちなダメダメNG腕立て伏せをしっかりマスターしよう・・・・・って、マスターしたらあかんで。

2:体幹弱すぎるやろパターン

腹筋が弱い腕立て伏せ

↑腹筋が弱いとなりがちなNG。腰が持ち上がらず胸を反らすだけになってしまっている。だからといってたんに腹筋をきたえればいいというものでもなく、やはり手の位置を高くして低負荷でフォームをチェックしよう。

背中側が弱い腕立て伏せ

↑逆に背中側が弱く腰の方が持ち上がってしまうタイプ。スクワットやコア・体幹トレーニングなどで背筋群や大殿筋、ハムストリングスなど背中側諸筋肉の安定性を鍛える必要があるかも。しかし大胸筋と腕の方が弱すぎて上体が持ち上がらず腰の方が先に上がってしまうと言う場合も考えられるので、やはり手の位置を高くして低負荷でフォームをチェックしよう。

腕立て伏せと姿勢

3:昭和クラシック腕立て伏せ

昭和腕立て伏せ

↑This is 腕立て伏せ! 逆にお腹が下がっているパターンもあると思います。何が問題かは腕立て伏せ三原則を理解されていれば分かると思います。しかし決してこのような腕立て伏せを全否定するつもりではありません。明確な目的があってこのようなフォームで行っているのであれば、それはそれでまったく問題ないと思います。

まとめ

大沼きんいかがだったでしょうか。腕立て伏せもけっこう奥が深いのです。

さて腕立て伏せはもうあきた、あるいは腕立て伏せがぜんぜんできないっ!!って人はどうやって大胸筋きたえたらよいの?!という方のためのとっておきの筋トレを続いて紹介しよう。他でもない、あの筋トレ最強のアレです!

<<膝つき腕立て伏せへもどる | ベンチプレスへGo!>>

タグ : 腕立て伏せ コア・体幹 自重筋トレ