筋曜日の肉たちへホーム

オンライン筋トレ18年メニューボタン 新着

ナロープッシュアップ大胸筋内側(中央部)の鍛え方と腕立て伏せ

「腕立て伏せの手の幅を狭くすると大胸筋内側(中央部)に効く」という話がありますが、残念ながら「効き」ません。それはなぜか!?大胸筋の構造と腕立て伏せの関係とは?!

初公開2006年9月頃 :

1:なぜ手幅のせまい腕立て伏せでも大胸筋内側に効かない?

手幅の狭い腕立て伏せ全体の動き

「大胸筋内側をきたえる!」ために、このような手幅の狭い腕立て伏せをやったことはあるでしょうか?

確かに大胸筋の稼働域は広がったように見えますが、実際にはその前に

肘の曲げ角が大きく

なっているのです。それはイコール

上腕三頭筋の稼働域が大きくなっているので上腕三頭筋の方に大きな負荷がかかっている

のです。つまり手の幅の狭い腕立て伏せは上腕三頭筋のトレーニングになります。

では実際に大胸筋の内側・中央部をピンポイントできたえる筋トレはあるのか?

2:腕立て伏せと大胸筋の秘密 - 外側?内側?

池免三のダンベルベンチプレス全体の動き

ダンベルベンチプレスなら、バーベルベンチプレスや腕立て伏せより大胸筋の稼動域が大きくなるのでより内側に効かしたい場合はやると良いと思います。

そもそも内側だけ、あるいは外側だけに「効く」ということはありません。

大胸筋は外側の方が最も太くなる

ので通常のバーベルベンチプレスで大胸筋全体を鍛えて厚みが増せば内側の方も厚くなったように見えるはずです。

→ダンベルベンチプレスについてもっとくわしく

結び

大沼きんどうだったかな?内側だけを鍛えようと考える事自体がナンセンスだということがおわかりいただけたでしょうか。

ではもうひとつ「これはナンセンスっぽい?」膝付き腕立て伏せについて解説だ!

<<各種プッシュアップバーへもどる | 膝付き腕立て伏せへGo!>>

タグ : 腕立て伏せ 大胸筋 肩・肩甲骨・僧帽筋 上腕三頭筋 コア・体幹